学習の能力を意識したインプット

アウトプット

学習を高めるためには、インプットとアウトプットを繰り返し行い

その学習に対しての知識を付け、更なる高みへ学習を高めていきます。

相手に何かを伝える時にも情報をインプットし

相手にアウトプットして伝えますよね。

インプットとアウトプット両方ともに重要なスキルと言えます。

インターネットが流行り出し携帯電話やスマホを手にするようになってから

より多くの多くの情報に触れる機会が増えました。

電車の中では多くの方がスマホを見て情報に触れていますが

情報の大半は記憶に留まらずに流れて行ってしまっい情報の活用が出来ていないです。

多くの情報を得ているのにほとんど記憶に残らないのはもったいないですよね。

記憶にしっかり残すためにも精度の高いインプットが重要なります。

インプットとは

インプットとは、情報を入力する事を言い、見る聞く調べるなどから情報を得る事を言います。

インプットをする事で自分の知識や経験として吸収します。

沢山の情報を得ようと多くの情報に触れても

記憶としては僅かにしか残らず

逆に、少しの情報でも質の高いインプットを行なっていれば

気付き学びを得て成長につながります。

インプットの精度を高める

インプットの精度を高めるには、大きく分けて3点あります。

情報の焦点化

自分に必要な情報だけをインプットする様にして他に情報は入れないようにする。

情報の焦点かをすると一気に必要な情報が集まります

例えば、大勢がいてガヤガヤしている中に

自分の名前や知ってるワードやでたら聞こえてくる感じですね。

このように自分に必要なことだけをインプットする様にして残りの情報は聞き流す

これだけでインプットの精度は上がります

アウトプットを意識したインプットをする

インプットをする時に

得た情報を誰かに伝える事を前提にインプットを行います。

例えば、美術館に行った時に、誰かに感想を言う

SNSやブログで発信すると言うところを意識して館内の絵などの情報を

インプットをすると、脳が軽い緊張状態になるので

内容を事細かに覚えようとします

感情を紐付けたインプット

記憶に残るにはインプットした情報をアウトプットしないと残りません。

しかし、一つ例外があります。

それが感情が紐付いている時のインプットです。

喜怒哀楽に伴って分泌される脳内物質には

記憶力をあげる効果があり強い感情が動けば、その分記憶にも残りやすいです。

何かを達成した時の嬉しい記憶

怖い映画を見た時の恐怖した記憶

などの経験もあると思います。

感情を刺激してアウトプットし記憶力を高めましょう

まとめ

学習を深めるためにはインプットとアウトプットが必要です。

その中でもインプットにフォーカスを当ててお伝えしました。

インプットの精度を高めるための方法として

  • 情報の焦点化
  • アウトプットを意識したインプット
  • 感情を刺激したインプット

をお伝えしました。

沢山の情報から本当に自分に必要な情報は何なのかを考えて

インプットする様に心がけて

質の良いインプットを目指してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました