ニュープロのMPは学習のスピード成功に役立!

MP

副業収入にも役立つニューロ言語プログラミングのMP(メタプログラム)

副業を始める、もしくは始めている人は多いですよね。
始めようと思ったきっかけは、人それぞれあると思います。

そして、始める時、行動を起こす時には人それぞれ理由付けをしてから行動をします。
普段から無意識行っている行動1つとっても、
その行動を掘り下げていくとなんだかの理由がありその行動をとります。

行動1つ行うにもMPのフィルターを無意識に使っていて、
そのフィルターで行動に対しての理由付けを行い行動します。

行動を起こす時に使う「理由のフィルター」をうまく活用する事で、
成功に役立てたり、ビジネスプランを立てやすくなったり、
目標に向けてやる気を出す事ができます。

理由のフィルターについて

理由のフィルターには、さらに2つのフィルターに分類する事ができ、
私たちは様々な場面や、状況に応じてそもフィルターを使い分けます。

そのフィルターが可能性のフィルター必要性のフィルターです。

可能性のフィルターとは

可能性のフィルターは、何か新しい事を始める時
その物事に対し可能性を見出したり、今までのやり方を変えたり、
新たな事を作ったりする時に使われるフィルターで、
決まり事やルールに従わない事があり、
自分で新しく考え始めるような人はこのフィルターを使います。

必要性のフィルターとは

必要性のフィルターは、プロセス型とも言われており、
物事にはしっかりとした手順とやり方があり、
それがわかってくるとモチベーションが上がり行動し始めたり、
作業の流れを把握してその通りに物事を進めていくときに使われるフィルターです。
決まり事(ルール)に反する行動をとることがなかなか出来ず、
手順通りにやってみても結果が出ないと不安になり混乱を起こします。

このように理由のフィルターには可能性と必要性に分類されて、
このフィルターを使い行動を起こしています。

理由のフィルターの活用できればスピード成功できる

このフィルターを使う事がわかった時、
自分の今までとってきた行動に対して、
「あの場面ではこのフィルターを使ってたな」とか、
「この場面ではこっちのフィルターを使ってたな」
などが見えてくると思います。

では、理由のフィルターをうまく活用するにはどうしたらいいのか?

新しい何かを学ぶ時、何かしらの理由を持って学びますよね?

「これを学ぶ事で将来に役立つ、収入も上がる」

自分に役立つ、将来の為になるという考えで学習を始める方がいるとします。
ここでは可能性のフィルターを使い自分の中に大きな可能性を見出してから
学ぶという行動を起こします

新しい事を学ぶ時の姿勢はどうなのか?
学びの場では、講師の先生が教えてくれる学習内容に沿って手順を教えてくれると思います。
先生の言われた通り行う必要性のフィルターを使う人と、
こういう事が言いたいんだな、こっちの方が効率がいいなと
自己流で始める可能性のフィルターを使う方に分かれると思います。

物事を学ぶ手順として「守破離」という言葉が使われたりするのですが
この「守」の部分の時、しっかりと言われた事をやるという必要性のフィルターを使う事で、
手順を学べて成長が早いです。

最初から自己流でやろうとすると多くの方が失敗してしまします。
そうならない為にも、最初のうちは手順をしっかりと守る必要性のフィルターを
使い学びを深める事をおすすめします。

そして、ある程度自分で身につけてから
「破」や「離」といった可能性のフィルターを使い自分のオリジナルを磨き
新たな可能性を広げる事で更なる成長が望めます。

まとめ

今回紹介した理由のフィルターを知る事で、
自分が今はどのフィルターを使っているのかを認識してそれを学習で役立てる事ができます。

教えてもらった事と違う事をしているなと気づく事で
一旦自分を見つめ直し、修正をする事ができ、その後の成長につながる事になります。

学習をする流れは、相手のいう事をしっかりと聞く必要性のフィルターを使い
学習に対して深みが出てきたら、可能性のフィルターを使いオリジナルを出し
新たな可能性を求めるとスピード成功に役立ちます。

理由のフィルターを上手く活用し
ご自身の成長につなげるチャンスだと思って、新たに取り組んでみてはいかがでしょうか。

MPのことをもう少し詳しく知りたいと思った方はこちらから

MPをさらに詳しく知れる!
プレゼントや無料体験情報はこちらをクリック

さらに、ニュープロの事を知りたい方はこちらから
無料でニュープロの秘密を知り可能性を広げてみてください。

コメント

  1. タケッチ より:

    ヤスさん、理由のフィルターについて、とても分かりやすい記事ですね。
    私は仕事では必要性のフィルターの 傾向が強いです。ただ可能性の
    フィルターの方がワクワクしますね。
    うまくバランスをとって
    やって行きたいですね。

    • yasu より:

      タケッチさん、コメントありがとうございます。
      僕も同じく必要性のフィルターを使うことが多いですね。
      MPを学んで使い分けるという意識が芽生えただけでも成長ですね。

  2. セフィママ より:

    ヤスさん、こんにちは!
    MP受講生のセフィママです。
    理由のフィルター、意識して使い込み出来るとスピード成功しますね!

  3. さっち より:

    ヤスさん、こんにちは。MP受講生のさっちです。
    お客様の心に刺さる発信をするときは、お客様のフィルターを探れば…大成功ですね~~
    どんな人に発信しているのか?しっかり設定することが大切ですね。

    • yasu より:

      さっちさんコメントありがとうございます。
      お客様の為にフィルターを使うことも、相手を知る上では大事ですな。

  4. コウタ より:

    可能性のフィルターと必要性のフィルターを、
    場面によって使い分けることで、より成功へのスピードに乗れますね!

    • yasu より:

      コウタさんコメントありがとうございます。
      場面によって使う分けることは、とても大事なスキルになりますね。

  5. 海原広充 より:

    こんにちは。
    可能性のフィルターが自分は大きかったのですが、両方を知って意識すると適切に使う事ができるようになりますよね~

    • yasu より:

      ウナさん、コメントありがとうございます。
      可能性のフィルターが大きいんですね。僕は逆に必要性のフィルターがやや大きめなので、
      ここの意識を高めて使っていけるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました