相手の呼吸にシンクロする【ペーシング】

NLP

相手との信頼関係を築くラポール
そのラポール状態を築くのに必要なスキル「ペーシング

ペーシングとは、
相手と話し方、声の大きさ
姿勢、呼吸のペース感情を合わせる事で

相手に「親近感信頼感」を無意識に与え
相手との距離を縮めていく方法です。

相手のことを思い、相手の心地良いペース自分のペースを合わせる
コミュニケーションが苦手な人でも
ペーシングを行うことで相手との距離を縮める事ができます。

ペーシングは簡単に習得でき効果も高いスキルになります。

今回はペーシングについてお伝えしたいと思います。

ペーシングにより与えられる効果

先ほどもお伝えして通り
ペーシングを行う事で「安心感信頼感」を相手に与える事ができます。

ミラーリングもペーシングの一つと言えます。

この安心感、信頼感を与える事により
相手のは無意識のうちに類似性を与える事になり
「この人、私と何か似ているな」と感じる様になり
好感を持つようになり親近感を感じる状態を作る効果があります。

ペーシングのやり方

どのようにしてペーシングを行うのかを紹介します。
ペーシングは相手との会話中に行います。

  • 話し方、声の大きさ
  • 呼吸
  • 感情

を意識しよく確認して、相手のペースに合わせます。

話し方、声の大きさ

相手との話すスピード、リズム、会話の間やテンポを合わせます。
相手がゆっくりと話す人なら相手と同じゆっくりな速度で話をします。

抑揚はどうなのか、会話の間の取り方はどのような間で話しているのか
話すテンポは、テンポよく話すのかじっくり物事を考えながら話しているのか

などのポイントをしっかりと聞いて
相手の話すテンションに応じてこちらも同じテンションで会話をします。

呼吸

相手の呼吸のペースを合わせます。

相手の肩や胸、お腹などから呼吸のペースを確認して
自分の呼吸を相手の呼吸のペースに合わせていきます。

ずっと一点を見ているだけでは変な人だと思われてしまうので
周辺視野で捉えるようにして
しっかりと相手を見て会話をしましょう。

感情

相手がどういう感情でどういう表情をしているのか
悲しんでいるのか楽しんでいるのか
相手との感情を合わせる事で一体感が生まれ、親近感が湧きます。

相手が真剣な悩みの話をしているのに
笑いながら話を聞いていたらおかしいですよね。

ここでは相手の表情や感情から
相手の言いたいこと伝えたい事を読み取って
相手の感情にペースを合わせます

また、感情や価値観、信念を認めたり
相手を尊重をする事で好感がより持てるようになります。

まとめ

今回紹介したペーシング相手のことをしっかりと観察して、
相手の心地よいペースに自分のペースを合わせます。

会話中の話し方、声の大きさ、間やテンポ
話すスピード、呼吸のペースなどを注目して
相手の感情に寄り添いながらペースを合わせていき


相手との距離を縮めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました