【ミラーリング】相手に安心感、信頼感を与える

NLP

相手との信頼関係を築くラポール。
コミュニケーションを取るにはラポールが重要です。

ですが、人と話すのが苦手とか、その場の空気を読むのが苦手など
多くの方がコミュニケーションを苦手としています。


ラポールはその悩みを改善する為に必要なスキルと言えます。

このラポール状態を築くために必要なスキルの一つに「ミラーリング」があります。
今回はミラーリングの効果とやり方を紹介します。

無意識に働きかけるミラーリングの効果

ミラーリングをする効果は相手の無意識に対してつがなりを求めるスキルです。
ミラーリングができると

  • 安心感
  • 信頼感

が与えられます。

相手との同じ行動をとる事で類似性の親近効果があり
良好な関係を築けている間柄なら同じような行動を取ります。


片一方が怒っていたり話がまとまっていない状態だと
片方は前のめりになり、もう片方はふんぞりかえるなどの
異なった行動をとる事があります。

お互いの気持ちが通じ合ってない状態なので
異なった行動をとります。

その為、安心感を与えるには
相手の行動と同じ行動を取る事で
相手に「気が合うな」と思ってもらう事が重要です。

また、信頼感を与える為にも相手と同調する必要があります。

相手と繋がっていると無意識に感じてもらうためにもミラーリングは有効な手段と言えます。

相手をマネるミラーリングのやり方

ミラーリングは簡単にいうと相手の行動と同じことをする。
そうする事でミラーリングができます。


相手と同じ行動をとるということは
姿勢や座り方、身振り、手振り、態度や表情など
目で見てわかる部分を相手と合わせます。

ミラーリングの例

相手が水を飲んだらこちらも水を飲む
よく耳にする方法だと思いますが
これもミラーリング手法の一種となっています。

他には、楽しい話をしている時に
相手の表情が笑顔になっていたら、こちらも笑顔になる。


そうする事で話の中での共感するポイント(笑いのポイント)
が似てるなと思ってもらうことで親近感が湧き


親近感が湧く事で、この人は居心地がいいと安心感が出たりします。

また、相手が真剣な表情で悩みを話している時は
こちらも真剣な表情で話を聞く、相手と同じ姿勢になって話を聞く
こうする事でふざけないで真摯に話を聞いてくれている
なと信頼感を与えます。

このような方法を使い相手との同調する事で
無意識に働きかけて信頼関係を築く方法がミラーリングです。

まとめ

今回は、ミラーリングの効果とやり方を紹介しました。

ミラーリングは相手に「安心感、信頼感」を与える効果があり
同じ姿勢や動作身振り手振りをを合わせたり、態度や表情を合わせる

このミラーリングを行う事でラポールを築く事ができます。

相手に「安心感、信頼感」を与えるミラーリング

日常の中に少しずつ取り入れてみて
ミラーリングスキルを身につけて
コミュニケーション力アップのお役に立てればなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました