気付きと学び成長スピードアップ

スキル

学びを深めていくには、情報を取り入れるインプット
取り入れた情報を伝えるアウトプットのくり返しが大事です。

インプットした情報をアウトプットする事で
学びにもなり、自分の記憶としても定着します。

さらにフィードバックする事で
学びを得る事になるのでさらなる成長が期待できます。

インプットの質を高める

インプットの質を高めるには以下の方法が有効です。

  • アウトプットを意識したインプット
  • 量より質を高める
  • 自分に必要な情報だけインプット
  • アウトプットを意識したインプット

誰かに話す、伝えるという事を意識したインプットをします。

料理番組を見ていて「美味しそうだな、作ってみたいな」
などのように、なんとなくみるのではなく
「美味しそうだな、今度作ってみよう」
と思ったら、後で作るというアウトプットをするので

脳にプレッシャーがかかりその情報を覚えようとします。

その結果集中力記憶力判断力思考力が高まります。

量より質を高める

例えば本を買って学びを得るとします。

10冊買って読んだけど、たいした学びを得られずに
次々を本を読む、数だけこなして行く人より
1冊の本から非常に多くの気付きと学びを得る本を深く読み込んだ方が
自己成長には大きな影響を与えくれます。

最初のうちは深く読み込む質を意識して
段々と量を増やす事がいいと思います。

自分に必要な情報だけインプット

自分に必要な情報以外の情報は聞き流します。

自分が欲しい情報、興味や関心がある情報だけを意識していると
インターネットやテレビ、書店などの多くの情報が流れているところで
興味、関心のある情報が目に飛び込んでくると思います。

そうする事で無駄な情報に触れる事が少なくなり
必要な情報がインプットされるようになります。

アウトプットで記憶の定着

質の高いインプットした情報をアウトプットします。

アウトプットの方法としては、話す、書く、行動するをする事です。

インプットした情報をアウトプットする事で行動を起こし
自分の周りの現実世界に影響を起こす事になります。

話す

言葉で相手に伝える事、感想を相手に伝えたり
説明したりしてアウトプットする方法です。

書く

メモに取る、ブログに書く
SNSに書き込むなどをしてアウトプットします。

行動する

実際に体を動かしてアウトプットします。

ダンススクールで習ったステップを実際にやって見たり
料理教室で包丁の使い方を見たり、聞いたりしてから
実際に手を動かしてアウトプットするという方法です。

フィードバックの重要性

インプットしてアウトプットをする
このくり返しをする事で自己成長につながります。

なのでインプットした後はアウトプットする事を行いましょう。

さらに成長を求めるのなら
インプットをしアウトプットした後にその結果をフィードバックします。

アウトプットをして上手く行かなかったなとなった後に
「なぜダメだったのか」「どうすれば良かったのか」
などの気付きがとても重要です。

これは上手くいった時も同様に
上手く行ったやった!で終わらせるのではなく
「そこでなぜ上手く行ったのかな?」「どうして出来なのかな?」
というフィードバックを行う事で
次に同じような悩みが出てきた人が出た時に
教えてあげる事にも繋がるので
自分も教えるというスキルが上がるし、知識も深まるので
フィードバックをする事が重要となります。

まとめ

インプット、アウトプットをし得て結果をフィードバックする。

このサイクルを行う事で気付きや学びが増えて自己成長に繋がります。

今回はフィードバックをする事はとても大事な事だと学びました。

失敗した時に凹んで次の行動の一歩が出遅れてしまうよりは、
素晴らしい学びを得た、こうすれば良かったんだという気付き、
その得た学びや気付きが自分の価値として自分の中に知識として残ると感じました。

今後はこのフィードバックを行うように
意識してインプットとアウトプットをくり返しして行いたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました