相手との心の架け橋をかける方法【ラポール】

NLP

コミュニケーションを苦手としている方、多いですよね。

NLPを学んで行く中で「ラポール
と言うコミュニケーションの基礎を学ぶようになり
その方法を使うことにより、相手との距離を縮められる事もできます。

このラポールという方法は実は
誰もが一度は聞いたことがある方法
無意識の時に使った事がある方法


そんな方法を意識的に使う事で、相手との距離を縮める
ラポール状態を築く事ができます。

ラポールとは

ラポールとは橋をかけると言う意味で
NLPでは人と人が繋がる事を意味しています。

信頼関係が築けている状態をラポール状態とも言います。

このラポール状態が築けている事で
交渉ごとがうまく行ったり
相手にお願い事が通りやすくなるというメリットもあります。

ラポール状態を築くための3つの方法

そのようなメリットがあるラポール状態を築く為にはどうすればいいか
ラポール状態を築くためには3つの方法があります。

  • ミラーリング
  • ペーシング
  • バックトラッキング

ミラーリング

相手と同じ行動をとる事をミラーリングと言い
この方法は有名な方法で
例えば、カフェに入り飲み物を飲んでいるとします。


相手が飲み物を飲んだらこっちも飲み物を飲む
こうする事で相手との同調している気が合うと思わせる事ができます。

この時の注意点としては、飲み物を飲むタイミングを少しずらす、という点と
やり過ぎないという2点に気をつけて試してみて下さい。

毎回同じタイミングで飲み物を飲むと
相手は毎回マネされてると感じ、嫌な思いをします

なので、この2点に気をつけましょう。

ポイントはさりげなくです。

ペーシング

相手と話すスピード呼吸声のトーンボリューム
などを相手のペースに合わせます。

こちらも相手との同調を狙っての効果になります。

一人が大声早口で話しているのに
もう片方が、小声ゆっくりと話す人でしたらどうでしょう?

なんか信頼関係ができている間柄には見えないですよね。
この相手とのテンションの差をなくす為に

話している時のペースはどんなペースかな?
呼吸のタイミングはどうなっているのかな?
声のトーンや声の大きさはどうなのかな?

こちらの点を意識して相手のことを観察して
ペースを合わせていきます

バックトラッキング

バックトラッキングはオウム返しともいい
相手の言葉そのまま言い返したり
語尾だけ返したり
話を要約して返したりします。

こうする事で相手にちゃんと話を聞いてる
安心感を与える事ができ
コミュニケーションに有効なスキルも言えます。

このバックトラッキングもミラーリング同様
やり過ぎには気をつけて行うようにしましょう。

まとめ

コミュニケーションの基礎能力のラポール
思い返してみれば、名前は知らなかったとしても
この方法は知っている、知っていたという方も多いのではなかったでしょうか?

このように普段から無意識に使っている方法を使うと
相手に対して安心感や信頼感を与えられる効果があります。

この方法を知って相手との距離感を縮めて
コミュニケーション能力を磨いてみる一歩をとってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました